JA阿蘇について

営農部のご紹介

JA阿蘇では、本所営農部を中心に小国郷地区、中部地区、南部地区と分かれ、地域の特色を活かした様々な農畜産物が生産されています。

営農部では地域の組合員様と連携し、農畜産物の品質向上支援や集出荷支援、相談業務を行っています。

消費者に信頼される「安全・安心」な農畜産物の提供を目指しています。また、直売所を基点とした地産地消運動にも取り組んでいます。

営農企画課

営農企画課は営農部で総合的な業務をしています。新規就農者支援事業・青色申告会・農家経営診断・食農教育・外国人研修生受入・農政連・JA内部組織(青壮年部・女性部)の事務局をしています。

農産課

農産課は、米・麦・大豆・お茶の栽培技術指導・精算業務・保管管理を行っています。また、集落営農、営農組合の育成や農業後継者の育成にも力を入れています。

阿蘇ブランドの確立のため、JA米やDNA鑑定、トレーサビリティー、農産物検査業務を適切に行い、消費者に「安全・安心」なお米を提供しています。

  • JA米・・・種子更新率100%、栽培履歴の提出、農産物検査を受けたお米のこと。

園芸課

園芸課は高冷地に適した農産物の生産技術指導から青果物の集荷、都会地の市場出荷、出荷者への精算などの業務を行っています。また、青果物コントロールセンターから出荷予測情報などを活用し、多様な流通ルートの確立、輸送コスト低減、生産資材コスト低減につとめ、生産者の所得向上に努めています。環境に配慮し、農業用プラスチックの適正処理も行っています。

畜産課

畜産課は、阿蘇で飼育されている繁殖牛や肥育牛、ジャージー乳牛の生産技術指導を行い、あか牛・くまもと黒毛和牛のブランド化につとめています。また、豚も飼育されており、「SPF豚」「くまもとりんどうポーク」のブランド化にも力を注ぎ、県産牛・豚の消費拡大につとめています。

直販事業課

直販事業課はJA阿蘇直売所5箇所の企画・運営を行っています。

阿蘇産の農産物を使用した商品開発や行政商工観光業界との連携で加工品の販売拡大をしています。

ページトップ
Copyright(c)2011 Ja Aso. All rights reserved.